システム監視

サーバーや機器の稼動状況・障害兆候を監視し、検知した障害情報を管理者へ自動通知・適切な対応を行うことで、システムのダウンタイムを最小限に抑え、サービスレベルの向上を実現します。
 

また、複数プラットフォームを一元管理可能な統合コンソール・自動アクションの実装により管理者負担・TCOの削減を推進します。


こんな企業にオススメ
  • システムやサービスの停止時間を最小限に抑えたい
  • システムリソース状況・稼働状況の管理に係る人数を抑えたい
  • 複数のOS・システムを統合的に監視したい
対象業務/業界

全業種

対象部門

全部門

導入効果
  • 検知した障害情報を基に適切な対応を迅速に行うことによりシステムのダウンタイムを最小限に抑えることができます
  • システムリソースの状況管理に係るランニングコストを削減できます
  • リソース監視の自動化によりサーバ障害の兆候を検出し、障害の未然防止に役立ちます
  • 異なるプラットフォームの管理を一元化することで管理者の負担を軽減できます
導入企業
仕様
  • IBM Tivoli Monitoring、AppManager、JP1 を中心とした監視ソフトを導入し、サーバーのリソース・ログ・ネットワークを監視する仕組みを構築します
  • CPU使用率、メモリ使用率、Disk空き容量等サーバのリソースを監視することで異常検知・兆候検知が可能です
  • syslog・製品ログ・イベントログを監視することで異常検知が可能です
  • サービス・プロセスの稼働状況を監視することで異常検知が可能です
  • CPU使用率、メモリ使用率、Disk空き容量のデータを蓄積することで、リソース状況の推移からデータ分析やリソース補充の事前検討が可能です
  • ICMP(ping)によるネットワークの死活監視が可能です
  • SNMPTrap監視により、ネットワーク機器の状態監視が可能です
  • 各障害検知状況を単一コンソールにて確認可能です
  • 障害を検知した際に管理者へメールで通知することができます
納期 導入規模・機能構成に応じてご提示いたします。
価格 別途見積り
その他
ご相談・お問い合わせフォーム
製品・サービスを課題から探す
製品・サービスを業種から探す